眠くなった子どもたちのために、カフェの母は子守唄を歌います。
ノラ猫のベスは猫たちに、ハルはオサムに、それぞれの思いはだんだん一つになっていきます。