母親が小学2年の時に出て行って、それから死んでしまったこと、
それ以来、父親はオサムを避けていること、
そんなオサムに冷たい仕打ちをしたクラスにも学校にも味方はいないこと、
ノラ猫たちは自分のことをわかってくれること…

ずっと胸に秘めて来た思いを語ります。