タニやんの拍子木の音とともに、このお芝居をつくってきた全員が登場。

「今日はここまで、つづきはまた…」
「あした!」