ななが近寄ってきて、まいの手をとった。「まいちゃん。」
全員が集まって来た。

まいは、全員の顔をゆっくり見て、作文を落とした。
「ちがう。」