マントをとられ、「返して、おばさん」
「生意気な子ね。『ナナお姉さん』とお呼びなさい」「ナナ!?」
「じゃあ私は『ナナお嬢様』よ」「ナナ!?」
どうやら本人であることに気付き、RYU、MAIもそれぞれ「自分」と「出逢う」。

「へーっ、マイちゃん、かっこいい!」
「そんなことないって」
「リュウもおもしろい!」
「そうかなあ」
「ナナちゃんは…」
「べーっ!」
「そっくりやあ!」