未来に到着した子どもたちは、看板に書いてある文字で
ここが2049年、40年後の世界と知る。
美しく澄んだ空気、木漏れ日、いかにも平穏な世界に、
思わず深呼吸する子どもたち。
姉たちは、自前のサングラスだったためか、「時間の波」に酔ったようで
ぐだぐだ。