夕暮れ。
1人の子の母親が迎えに来たのをきっかけに、
子どもたちはそれぞれ家路につく。
空き地には1人の老人と先生。

2人ともそれぞれ帰って行く。