kodohiro-sousaku.cocolog-nifty.com > 2011年「カゼユクマチ」

001 今日もええ天気やね
002 学校帰りの空き地
003 ほしい?
004 鬼ごっこ 
005 私も帰りますので
006 少女
007 また後にしよか
008 あっ、おばあちゃん!
009 鬼ごっこvsかくれんぼ
010 私も聞いてみたい…この空き地の「秘密」
011 あの日?
012 鬼ごっこするもん、この指とまれ!
013 鬼さんこちら!
014 イクコちゃんてKYやな
015 あんたら何やってんの!
016 ほら、はよ入りなさい
017 帰れへんやん?
018 みんな大丈夫か?
019 僕がんばるしな!
020 僕忙しいねん
021 外どうなってんのかなあ?
022 あんたこそうるさいわ!
023 ほんまのおかあさんちゃう
024 あかん、何も見えへん…
025 すごいもの持ってきてんで
026 知らんかった…ごめんな
027 九ちゃんの新曲や!
028 上を向いて歩こう
029 マイミちゃん?
030 シュウ、あんたが話したげたら?
031 夕焼け小焼け
032 忘れんといてな
033 ありがとうございました

<< 前 | トップページ | 次 >>

025 すごいもの持ってきてんで

025 すごいもの持ってきてんで

「お待たせ!」
懐中電灯を手に、ヨシノが戻って来た。
トクエ、カホは、さっきサカイが作業していた座布団大のプレートを持っている。
「これ発電機やねんて。」

2人が柱にとりつけたプレートを踏むと、集会所の電灯が灯った。
「実は、サカイさんて『発明家』やってんて」

停電の間、ずっと具合が悪そうだったキヌエを心配しているフミに、ヨシノはキヌエの妊娠を告げる。
「大事にしたげなあかんで」
「うん…家族やもんな。」

固定リンク