マチコとカズコがそれぞれに集会所の様子を語る中、
舞台は4隅を残して50年前の集会所へと変わっていく。

「あの日」、昭和36年9月。
この町を襲った大きな台風で、学校の帰りにこの集会所に避難した時のことを
マチコとカズコは語り始めた。

「私もカズコおばちゃんも、それからイクコちゃんも、11歳やった。」
「イクコちゃんって誰?」
「大好きな友達。あの頃私ら、3人いっつも一緒やった…」