そこへ乱入してきた小学生たち。
祭りで飾る灯籠を作っていたが、今までも非協力的だったユリエが全く来ないことにがまんの限界がきたらしい。
今日はマキコも来てないとのこと。
課長とまーちゃんは、「ユリエとマキコのこと」を小学生に話すことにする。