立ち去ろうとしたマキコとユリエを呼び止めたユウキ、リオ、サラに、「勝手にやっといて」と言い放つユリエ。
「感じわるう」「なんやな」一触即発の状態を、マキコのとりなしで何とか持ち直す。