けががよくなり、帰って行くりなと人間。
りなは、お礼を言うために一人引き返してきます。
「みんなのことを忘れたんじゃなかったんや」

あこっちは山をおりることを決め、りなの後を追います。

見送るシカとサルは、あこっちの幸せを祈るのでした。