ますます怖がるみんなを安心させようと、
いずみんと子どもたちはお地蔵さんを触ってみます。
動かないお地蔵さんに安心して、花火の準備を始めるみんな。

「地蔵なんてたいしたことないねん」
普段から、お地蔵さんにひどいことをしているゆうすけがお地蔵さんを
ばしばしたたくと、さっきまで動かなかった3体、わか、プリン、ふーちゃん地蔵が
羽交い締めにしてゆうすけをボコボコにしてしまいます。

「うっ、うごいた!」
「またそんなん言うて。ホラ、花火するで」