キタノ先生は、「宿題よりもこっちのほうが大事や」と、こどもたちと手伝うことに。
マキコの不安もいつの間にか消え、小学生たちを引っ張る立場に。