1人で外に出たカズオを、ユキエがむかえにきた。
ミキはみんなが気にしていたことをユキエに尋ねる。
はっきりしたことはわからないが、今年に入ってからずっと調子が悪いこと、治療のために引っ越してきたこと、2学期から学校に行かせるつもりだが、難しそうなことを語るユキエ。
「学校に行って、いっぱい勉強したいって、いつも言ってるんだけど…」
「宇宙飛行士になるため…」

ユキエのためにカズオの夢を応援したいと思うダイスケ。
工作が得意なマキコは言う。
「カズオが乗るロケット、作ってみようかな?」

空き地のヌシであるネコに後押しされ、
「やる。みんなでやろう!」と言うダイスケ。