そこに現れたのは鈴木巡査。くどくどと小言が始まりそうな予感に、オサムは当時流行っていた人物を盾に逃げる。