高校生たちは、秋の文化祭の実行委員で、合唱の企画のアイデアを考えていた。
一緒に考えてくれていた横井さんが突然
「そうや!」
「何かええアイデアあるんですか?」
「ううん、もうすぐ愛しのジュリーが出る番組があるのを思い出しただけ」