« 山科醍醐こどもの創作劇体験ワークショップ編参加者募集! | トップページ

体験ワークショップ編(3/4)

3月の声を聞いたとたん、一気に暖かくなりました。
今日は、久しぶりのこどもの創作劇の活動、小学生以上なら
誰でも参加できる、一回完結の体験ワークショップです。
当日の様子を講師のつつみんがお伝えします。

人が揃うまでの間にちょっと遊びましょう。

Photo

あらかじめ3つのポーズを決め、「シェーーーハッ!」の
掛け声で一斉にどれかポーズをします。
つつみんと同じポーズをしてしまった人はアウト。
3つ以外のポーズをしたり、ポーズが間に合わなかった人も
アウトです。

さあ、始まりです。
最初は部屋の中を手拍子に合わせて歩きます。
前を見て、人とぶつからないようにしましょう。

Photo_2
次は、擬音語に合わせて歩いて見ましょう。
「ランラン」「どよ〜ん」「フーワフーワ」…
だんだんみんなの顔が楽しそうになってきます。

次は、ポーズの真似っこです。

Photo_3
誰かのポーズを真似してやってみましょう。
ポーズのリーダーをしているのは、演劇部ぽっぷ・こーん
から助っ人に来てくれた中学生・はなです。

そしてみんな大好き・「リーダー当て」に続きます。 
オニやリーダーをやりたい人には、手を上げてもらう
のですが、最後までたくさんの人の手が上がりました。
オニが優秀で、全部の回でリーダーを当てることが
できました!

次は「見えないもの」で遊びます。

Photo_4
「見えないボール」を隣の人に回していきます。
大きさ、重さの他、熱いボール、臭いボール…
暴投して、転がったボールを拾いに走る場面も。

Photo_5
次は大縄をとびます。
連続して一人ずつとんだ後は、全員が入ってとびました。
実物がなくても、楽しく遊べる…お芝居をする上で、
大切な感覚です。

ここまでやってから、やっと自己紹介。
名前と、「自分の好きなもの」「最近あった嬉しいこと」
「大きくなったらなりたいもの」のどれかを言います。
「先生」「ケーキ屋さん」「女優」になりたい…夢のある
発表に、思わず嬉しくなります。

次は、色々な順番で並んでみます。

Stand_in_line

まずは、今発表した名前の五十音順。
そして誕生日や背の順にも並んでみました。
自分から話しかけられない人に聞いて、どこか
教えてあげる場面も。

さあ、グループに分かれましょう。
年齢が偏らないよう工夫して3つのグループを作ります。

まずはリズム遊びをします。
グループごとに違うリズムを手拍子で叩き、合わせると
どうなるか、やってみます。
単純なリズムでも、合わせると重厚感が出ます。

この辺から「劇はいつするの?」「なんの劇?」と
聞きにくる人が。
お待たせしました、いよいよ「劇」を創りましょう。

お題は「大きなかぶ」。
お馴染みの童話です。

大きなかぶが抜けなくて、一人ずつ助っ人が増えていき、
最後に抜ける…というお話ですが、実はかぶには、
抜かれたくない事情があり、それを「説得」する、という
話にします。

グループは3つなので、かぶのキャラクターも
「頑固なかぶ」「いじけたかぶ」「めんどくさがりのかぶ」の
3通り。
それぞれ、「自分は誰で」「どうやって説得するか」を考えます。

Photo_6
相談中。
それぞれのキャラクターや説得の仕方が決まったら、
その中で「最強」の人を最後にするように、順番を決めます。

大人の参加者が各グループにいてくださったので、話し合いも
スムーズに進みました。

さあ、発表です。
かぶ役はぽっぷ・こーんのはなとゆうすけにお願いします。

1

2

3
「一緒に遊ぼう」と誘ったり、「君は世界一美味しそう」と
褒めたり。
大阪のおばちゃん、幽霊、神様などの強烈個性の
キャラクターも登場し、どのグループも力作揃いでした。

「またやりたい!」の声もたくさん聞こえたワークショップでした。




« 山科醍醐こどもの創作劇体験ワークショップ編参加者募集! | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193787/73111294

この記事へのトラックバック一覧です: 体験ワークショップ編(3/4):

« 山科醍醐こどもの創作劇体験ワークショップ編参加者募集! | トップページ