« Work Shop レポート (その1 )2013/12/22 | トップページ | ビヨ~ンド! 再演決定!!  仲間たち再結集!! »

Work Shop レポート(その2) 2014/01/26


先日行われた「醍醐いきいき活動センター」でのワークショップのレポートです。(担当:花ちゃん)

***************************************

1月26日(日)こどもの創作劇体験ワークショップ編第3回が醍醐いきいき市民活動センターでありました。

会場に向かうときは、黒い雲が覆っていて雨も少しパラパラ‥このまま崩れるのかと思いきや、雲の割れ目から太陽が顔を出し、ワークショップの教室には、温かい日差しが差し込んで来ました。

24名の参加者に一緒についてきた就学前の妹ちゃんとお母さんが一人加わって26名でワークショップを行いました。

演劇をするのにも体を柔軟にしておくのはとても大切!まずは体のストレッチ、続いて顔のストレッチ!

いつから出来たのか知りませんが、体ジャンケンというのもあって楽しそう♪

大きな輪になって、決められたリーダーの動きを他の人達が真似します、鬼になった人は誰がリーダーかを当てるクイズや教室中を動き回って1.2.3で側に居た人とハイタッチなんてこともして、終わったときには体がポカポカ、暑いからエアコン止めて との要望が出るほどでした。

続いて少し難しい腹式呼吸の練習、みんな仰向けに寝て、ゆっくり口から息を吐いて、全て吐き出したら口を閉じて鼻から息を吸います。
やり方はわかるのですが、全部息を出しきることやお腹に息をため込むことがちゃんと出来ているのか、腹式呼吸を意識すると難しいですね。

でもお芝居は、相手に何かを伝えることが大切、たくさんの息を使って大きな声で相手に伝えることを目指します。

お腹から声を出すことに慣れてきたら、「声かけられたのは私かしら??」ゲーム!三人の人が距離を変えて立っています、背後から三人の中の一人を指してその人に向けて「こんにちは!」と声をかけます、立っている三人は背後から声がかかるので誰に向けて声をかけいるのか見えません、でももしかしたら声をかけられたのは私かな‥と思ったら手を挙げます、わかってもらえないときもありますが、意識を集中させて声をかけると案外伝わるものです、不思議です。

ワークショップの最後は3グループに分かれて、短いお話を作り、お芝居にして発表します。
今回は、実際はないけれど空想で何か道具を使って遊んでいるなかで、 何かがありました そして何が起こります それでどうなった  という短いストーリーを作ります。

3グループともまず話し合い、「遊び道具は何がいい?」「ボールかな‥」「チャンバラも楽しそう」空想の世界なので何が起きても大丈夫♪

それぞれのチーム発表のときには、ありえないような展開や、逆にありえそうな結末に観てる人みな笑顔!演劇のワークショップと聞いて始めは尻込み気分で参加した人もなんだか笑顔!!

終わってみたら、とても楽しい時間をみんなで作ることが出来ました。

« Work Shop レポート (その1 )2013/12/22 | トップページ | ビヨ~ンド! 再演決定!!  仲間たち再結集!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Work Shop レポート(その2) 2014/01/26:

« Work Shop レポート (その1 )2013/12/22 | トップページ | ビヨ~ンド! 再演決定!!  仲間たち再結集!! »