« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

発表会編はじまりました!

ゴールデンウィーク前半の4月29日、

ワークショップ+発表会編がはじまりました。

今回のメンバーは小学生20名、中学生6名、大人3名の29名。

会場の勧修寺公会堂がせまく感じられるほどの人数で、

始まる前から半そででも暑いくらいです。

今回も、集まったメンバーだからこそできる発表を目指して、

今日から5回(+発表会)、みんなでからだを動かしたり、

声を出したりしていきましょう。

☆体操

 まずは準備体操から。

 けがをしないように、しっかりからだをのばします。

 演出家のタッちゃんが、どこをのばしているかを言うのを

 聞いて、そこを意識するようにしましょう。

 顔の準備体操もします。

 顔のパーツを思いっきり広げたり、縮めたり、

 上下左右に寄せたり回したり…

 最初ははずかしいですが、みんなのヘン顔を見ているうちに、

 いつのまにか思いっきりできるようになります。

☆全員でジャンケン

 といっても、普通にするわけではありません。

 グー・チョキ・パーそれぞれにポーズがあり、それを使います。

 全員で輪になり、真ん中にいるタッちゃんと勝負です。

☆あるく

 「あるく」くらい、みんないつもやってますが、

 ちょっといろんなことに気をつけると、いつもとは

 ちょっと違う運動になります。

 せまい会場ですが、できるだけばらばらに歩いて下さい。

 人とぶつからないこと、手拍子にあわせることに気をつけましょう。

 

Img_0572

 時々「1,2,3」と掛け声をかけたら、そこでジャンプしましょう。

 みんな汗だくです。

☆発声

 発声というと、大きい声を出す練習のようですが、 

 「大きい」よりも、「聞いている人に届く」声を出す練習です。

 あおむけにねっころがって発声します。

 そうすると、からだの力が抜けやすく、

 おなかで息をすることも意識しやすいです。

 

 最初は深呼吸。 次にハミング。

 だんだん口を開けて、声を出していきます。

 

 次に、立ち上がって「あ、い、う、え、お」の発声をします。

 口の形に気をつけて、向かい側にいる人に届けるように

 声をだしましょう。

☆なんでもバスケット

 いつもワークショップで好評の「なんでもバスケット」をします。

 フルーツバスケットの「なんでも」バージョンです。

 いすを使うかわりに、2人組になってやります。

 大騒ぎになって盛り上がりますが、大事なことは

 真ん中の人は「全員にお題が聞こえるようにちゃんと言う」こと、

 まわりの人は「いつまでも騒いでいないでちゃんと聞く」ことです。

 いつも思いがけないお題が出て楽しいです。

 「昨日のコナン見た人」

 「賞状もらったことある人」

 「たねを植えたことある人」…笑いっぱなしでした。

☆マリオネット→ねんど人形

 二人ひと組になり、マリオネット(あやつり人形)をします。

 マリオネットには、指先・手首・ひじ・首・頭に糸がついています。

 一人がマリオネット、一人が動かす人になり、動かしてみましょう。

 動かす時は、糸がついている部分に軽く触れます。

 最初は端から順番に、次にあちこちばらばらに動かしましょう。

 

Img_0588

 次はねんど人形です。

 ねんどなので、どんな形でも作れます。

 立っていられるように気をつけながら、ゆっくりあちこち動かしましょう。

 顔もさわってもいいです。

Img_0607

☆自己紹介

 さっきの二人組で、自己紹介をします。

 自分のことを自分でしゃべるのではなく、ペアの相手を紹介して下さい。

 といっても今日はじめて会う人もいるので、お互いに取材しましょう。

 最終的に紹介することは、名前などのほかに

 1.相手と自分の共通点

 2.相手と自分のちがうところ

 3.相手のいいところ、好きなところ

 はじめて会う人といろいろしゃべったり、

 その中から魅力をみつけたりするのはなかなか難しいですが、

 みんなしっかり取材できていました。

 

 紹介する時は、全員に聞こえるようにしっかり話します。

 聞く側も、しっかり聞きます。

 このことはおしばいをする上でとても大事なことです。

☆かがみ

 2人組でかがみをします。

 実体の人の動きをかがみの人がまねします。

 指先や、表情までよく見てまねしましょう。

☆「ふうせん」を表現しよう!

 最後に、4人組になり、「ふうせん」を表現して下さい。

 

 全員で大きいふうせんになったり、

 ふうせんを持つ人メインのおしばい仕立てになっていたり、

 ふうせんを割る役柄がいたり、

 それぞれのグループが違う表現で見ごたえがありました。

Img_0615 Img_0617 Img_0620

 次回もゲームをしたり、表現を作ったりします。

  

  

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »