« 勧修寺公会堂 稽古 | トップページ | 第4回山科醍醐こどもの創作劇「カゼユクマチ」  »

箱と大木

11月13日は久しぶりのすわらじでの稽古です。
本番で実際使う箱を使ってこれから稽古していきます。
今回の作品で一番大きな「モノ」、大木もお披露目。
ぐっと本番のムードが高まります。

☆読み合わせ
 昨日欠席の人が多かったので、シーン1からもう一度
 読み合わせします。
 覚えているつもりでも、台本を丁寧に読むとセリフを
 覚えまちがえていたり、ト書きを読んでなかったりする
 こともあるので、各自きちんと台本を読んで下さい。

 セリフが変更になっている所もたくさんあるので、
 それも書いておきましょう。

☆お昼休み
 昨日から、土日の稽古は午前午後通しになりました。
 お昼休みは楽しみのひとつ。
 みんなで輪になってお弁当を食べたあとは、
 ふじさんがもってきてくれたむかしのおもちゃで遊んで
 もりあがりました。
 けんだま、コマ、ヨーヨー…
 本番の頃には、名人が生まれているかも知れませんね。

☆立ち稽古
 今日はほとんど全員が出席しているので、立ち位置や
 移動の確認なども含めて丁寧に稽古します。

 久しぶりにやった開演前の場面は、忘れていることも多く、
 何度も止めて返しました。

Img_0320_2

 シーン1も、台本を持たずにやります。
 おばあちゃんたちはたくさんのセリフをほとんど覚えていて、
 さすがです。

Img_0330_2

 人がたくさん出て来るので、立ち位置をきちんと覚えましょう。

 シーン2は台本を持ってやります。
 座っている人が多い場面ですが、
 3方に客席があること、中央の箱の所が柱になっていることを
 気をつけて、各自自分の位置や遠くの人とのやりとりの仕方を
 工夫しましょう。

☆衣装・小道具より(byぶんちゃん)
 今回は、衣装・小道具は自分で管理してもらいます。
 配った表に自分が使うものを書きこんで、
 準備できるものは持って来る、できないものは相談して下さい。
  
 今後、大木の葉っぱの作業もします。
 おうちの方でお手伝いいただける方はご協力下さい。


 

« 勧修寺公会堂 稽古 | トップページ | 第4回山科醍醐こどもの創作劇「カゼユクマチ」  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱と大木:

« 勧修寺公会堂 稽古 | トップページ | 第4回山科醍醐こどもの創作劇「カゼユクマチ」  »