« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

「3ラクル劇場」写真アップしました

お待たせいたしました。
写真とおはなしの内容をアップいたしました。
アルバムをクリックしてお楽しみ下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

3ラクル劇場本番!(byいずみん)

山科醍醐こどもの創作劇「ワークショップ+発表会編」は、
8月23日に無事 「3(ミ)ラクル劇場〜3つのショートストーリー」
と題した発表会本番を終え ました。

当日、皆は昼過ぎに集まって、
それぞれのチームで自主稽古をしました。
前回までにお話がまとまりきれていなかったチームも
前半の練習で1つの物語としてしっかり仕上がりました。

あとは実際の舞台の広さや声の大きさを意識しながら、
見ている人に伝わるよう時間の許す限り
稽古を繰り返します。
途中、いつもと違う稽古会場や本番当日の
雰囲気からか、集中力が切れてしまう場面もありましたが、
今日の、数時間後が本番であること、本番は1回きりしかないこと、
自分たちがお客さんに見てもらうものを作っているという
たっちゃんの一言で、気持ちを引き締めて
稽古することができました。

稽古会場を出発し、本番の会場である安朱保育園に到着すると、
皆の緊張が一気に高まりました。
稽古ではテープで示されていた舞台に立ち客席を見渡すと、
より一層気持ちが引き締まります。
本会場での位置確認、リハーサルを終えるといよいよ本番!!

開場前からたくさんのお客さんに並んでいただき、
客席は満員も満員の超満員でした!

舞台裏は緊張に包まれていましたが、それぞれの思いと、
チームの思いと、全体の思いが大きな力になって
とっても素敵な「3(ミ)ラクル劇場」をつくり上げることが
出来たのではないかと思います。

本番までたった5回のワークショップでしたが、
1からつくった舞台は皆の心にどんな風に残りましたか?
皆さんお疲れ様でした。
そして、ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「3ラクル劇場」盛会御礼

山科醍醐こどもの創作劇ワークショップ発表会
「3ラクル劇場」、盛会のうちに無事終了いたしました。
ご来場いただいたみなさま、
スタッフ、関係者他、支えていただいたみなさま、
ありがとうございました。

たった1ヶ月半、5回のワークショップ期間でしたが、
笑いが途絶えることのない楽しい現場でありながら、
毎回、ソウゾウの力を感じたエネルギーに満ちあふれた稽古場でした。

本番の舞台は…
椅子席、桟敷ともにぎゅうぎゅう詰め、
立ち見のお客様もせのびしてる方もおられ、
しまいには廊下から窓ごしで観ておられる方まで、
100名を超えるお客様が見守る中、
全員が心底楽しんで演じることができました。
演出家のタッちゃんからも、
「正直ここまでおもしろい物ができると思ってなかった」と
大讃辞をいただきました。

詳しい内容は、近日中にアルバムにアップいたします。

次は12月の公演に向けて、出演者募集中!
詳しくはコチラをごらん下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

第4回 山科醍醐こどもの創作劇参加者募集!

第4回山科醍醐こどもの創作劇参加者募集!

 〜あの空き地には、秘密があるんやって〜

 小さな町の「ちいさなものがたり」を
 年齢を超えた仲間達といっしょにつくりませんか?

 今回は、客席が舞台を取り囲む
 「小劇場空間」での公演、初の3ステージに挑みます。


構成・演出/中田達幸(俳優・演出家 京都府立洛東高校演劇部出身)

募集要項
公演日/2011年12月17日(土)夜
          18日(日)午前・午後 予定 ※有料公演
会場/ 京都市東部文化会館[創造活動室]
参加費/ 10,000円(定員30名/大人も同じ料金です)
対象/小学1年生以上
     
稽古日程予定(下記以外にも別日程でPR活動・作業などあり)

9月10日(土)     午後1:30〜4:30 オリエンテーション 
9月19日(月・祝)   午後1:30〜4:30  
9月24日(土)    午後1:30〜4:30  
10月 1日(土)   午後1:30〜4:30 
10月 9日(日)    午後1:30〜4:30
10月16日(日)   午後1:30〜4:30
10月22日(土)   午後1:30〜4:30
11月3日(木・祝)    午後1:30〜4:30         

11月12日(土)   午前10:00〜午後4:30
11月13日(日)   午前10:00〜午後4:30
11月19日(土)   午前10:00〜午後4:30
11月20日(日)   午前10:00〜午後4:30
11月26日(土)   午前10:00〜午後4:30
11月27日(日)   午前10:00〜午後4:30

12月……計6回(平日夜の稽古もあり)

 ※稽古会場=すわらじ劇園(山科駅徒歩12分/四ノ宮駅徒歩8分)
   変更になる場合があります

公演 12月17・18日(土日)予定
 
申し込み方法 
直接・FAX・郵送/山科醍醐こどものひろば にて申込書を入手、ご記入下さい。
E-mail / 必要事項を下記アドレスまで
必要事項:氏名(ふりがな)・住所・性別・年齢(学年)・学校名または職業・電話(FAXもあれば)・緊急連絡先(携帯など)
しめきり/9月7日(木)必着
 先着順にて受付、定員になりしだい締め切ります。
 定員に満たない場合、締切延長もあり(お問い合わせ下さい)
主催/特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろば
後援/京都市・京都市教育委員会・NPO法人京都子どもセンター
お問合せ・お申し込みは…
 特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろば
 〒607-8088 京都市山科区竹鼻地蔵寺南町2番地の1
 電話・FAX   075-591-0877
 E-mail kodohiro@gmail.com

| コメント (0) | トラックバック (0)

WS+発表会編⑤〜発表会の練習をしよう!

第四回目ワークショップは水曜日の夜6時から始まりました。
今回は前回より少し発声に力が入っていました。
発声はゲーム感覚でできるもので楽しくやりました。
暗くなってくるなかいつものように元気な声が響き渡りました。

はじめはストレッチをしていつもの発声。
一通り声を出したら、二列に分かれ、
向かい合わせになって声をかけあいました。
片方が「あ」と声を飛ばせば、もう一方は
声を受け取りましたという気持ちで「あ」と返す。
すぐに「い」と言って声を投げ返し、それを繰り返します。
つまり、「あ」「あ・い」「い・う」「う・え」と
交互に声を掛け合って、五十音言い切りました。

その次は、みんなで円になって1から50まで数を数えました。
やり方は同じ。
「1」「1・2」「2・3」「3・4」と数えていきました。
だけど、今度は列ごとにそろって行うのではなく、
誰に声を投げかけてもいいけど、
視線と声の向きだけで次の人に渡していきます。
声を出す人は全員に聞こえるように、また誰に向かって言っているのか
わかるように、その他の人は、いつ自分にきてもいいように、
しっかり集中しなければうまくいきません。

発表会で表現する時も、誰に向かって何を話しているのか、
きちんと表現しないと観客に伝わりません。
それを意識しながら、しっかりやりましょう。

発声が終ると発表会に向けての練習や話し合いをしました。
前回よりも大きな声でやっていたので、一番の盛り上がるところは
思わず他のチームの演技にも目が引きつけられるほどでした。
他のチームのがんばりが、自分のチームにもつながっていって、
お互いに刺激されて、だんだんいいものが作られていきました。

みんなが練習をしている間に、出演者のおうちの方やスタッフが
発表で使うパネルを作ってくれました。

Img_0007_2

たっちゃんからパネルを持つ役が発表され、
各グループの今日できた所までの発表に加えて、
オープニングや3つの作品のつなぎの部分の練習をしました。

Img_0029

発表会を楽しいものにしよう。そんな気持ちが芽生えました。
パネル作業をして下さったみなさん、ご協力ありがとうございました。

残すところ発表会当日の練習だけとなりました。
たっちゃんにアドバイスされたところを参考に、
もっといいものに仕上げて発表会を迎えたいと思います。
23日火曜日はお昼から練習して、
夜8時から安朱保育園での発表会を迎えます。
詳しくはコチラ をごらん下さい。

皆で力を合わせて発表会を成功させましょう。

ブログ担当はふじさんでした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

3ラクル劇場〜3つのショートストーリー

山科醍醐こどもの創作劇2011 ワークショップ発表会
「3(ミ)ラクル劇場」〜3つのショートストーリー

日時:2011年8月23日(火) 
   午後8時開演(15分前開場)
会場:安朱保育園
    各線山科駅徒歩5分

入場無料/予約不要

お問い合わせ
山科醍醐こどものひろば
電話 075−592−0877
kodohiro@gmail.com

7月から全5回のワークショップで創り上げた、
集まったメンバーだからこそできる発表会をします!
小学生14名、大人8名が3つのグループに分かれて、
ちょっと不思議なお話を創っています。

四ノ宮祭りでにぎわう安朱保育園に、ぜひお運び下さい。
保育園の前では、こどものひろばのお楽しみブースも出ます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

WS+発表会編④〜台本(?)をつくろう!

ワークショップ+発表会編も折り返しの4回目!
今回のメインは台本づくりです。

まずはいつものようにストレッチから。
体が柔らかくなったり、
出来なかった動きが出来るようになったりなど、
変化を感じている人も多いようです。

次は発声をしていきます。
今回は今までとは違って
「あ・え・い・お・う」の並びで五十音を言っていきました。
アメンボのうたも、回数を重ねるごとに
スムーズに言えるようになってきたみたい。


それが終わるとグループに分かれて、
前回のお話づくりの続きです。
そして、考えついた部分からどんどん実際にやってみます。

3つのグループはそれそれ全く関連性のないお話をつくっていますが、
同じ町の違う場所で、同じ日にあった出来事にします。
朝〜昼チーム、昼〜夕方チーム、夕方〜夜チームの
順番で発表することになりました。

Img_6441_2

途中でそれぞれたっちゃんに見てもらい、
アドバイスをもらうと、グンと面白く分かりやすくなりました。

Img_6438

Img_6448_2

最後は出来たところまで皆の前で発表!
まだまだ未完成なところ、あやふやなところもあるけれど、
見ている人からは時々笑いも起こり、
これからどんどん良くなる予感です。

どうやったら見ている人に伝わりやすいか、
自分たちもお客さんも楽しめるか考えながら
より良くしていきましょう。

次回の稽古が終わったら、もう本番当日!
力を合わせて頑張りましょうね。

ブログ担当はいずみんでした☆

| コメント (0) | トラックバック (0)

WS+発表会編③〜いよいよグループ分け!

8月3日、はじめての夜のワークショップです。
仕事や習い事などで遅刻もちらほら、こじんまりとスタートします。

いつもの体操のあとは、発声です。
今まで、最初は寝転がってしていましたが、
今日は最初から立ってします。
鼻から吸った息をおへその下に送り込んで、
そこからしぼり出すように声を出す意識をきちんとしましょう。

向かい側にいる人に向かって、届くように発声しましょう。

☆ニックネームバレー
<ルール>
 1.4〜5人で1チーム、1対1の対抗戦
 2.見えないボールを使う。打つ時はパス(または攻撃)  
   する相手のニックネームを呼び、顔を見て打つ
 3.チーム内で2人または3人でボールをまわしてから攻撃
  (1回で返したり、4回以上になったらアウト)

ニックネームをちゃんと覚えているつもりでも、
とっさに出て来なかったり、
顔を見ている人と呼んでいる名前が違ったり、
なかなかむずかしいです。

Img_6373_2


おしばいのセリフも、誰に向かって話しているのか、
その人だけではなく観客にもわからなければならならないので、
同じですね。

2チームずつで闘って、勝ったチーム同士で決勝戦をしました。
優勝チーム、おめでとう!

☆場所を表現してみよう

いよいよ発表の作品創りに入ります。
その前に、発表に出て来る場所をみんなで表現してみましょう。

山、川、公園、バス停、屋上

そこには何があるのか、どんな人がいて何をしているのか、
人でも物でもいいので思いついた人から前に出て
加わっていきましょう。

Img_6391
Img_6393

自分一人で何かしていても、他の人との関わりでどんどんすることが
変わっていきます。

☆グループ分け&お話を考える
ドキドキのグループ発表です。
3人のインターンがリーダーとなり、7人または8人ずつの
グループに分かれました。

早速お話を考えますが、場面はさっきのワークで使った
5つの場所の中から選びます。
お芝居の時間は7分〜8分。
いつもの即興は長くても1分以内なので、思っているよりも長いです。

日常に何か事件がおこり、それが解決していく…という流れは
今までやってきた即興と同じです。

Img_6402

長い話し合いになり、眠くなってしまった人、
飽きてしまった人もチラホラ。
本番も夜の公演になるので、
しっかり集中できるようにしていきましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »