« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年10月

当日ロビー写真アップしました

お待たせしました。
アルバムに、本番当日のロビーの写真をアップしました。
ロビー展示プロジェクトチームの力作をはじめ、
当日のにぎわいの様子をご覧下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「もっと²あした」本番写真をアップ!

お待たせしました。
写真と解説で、物語の全貌をごらんいただきます。
見逃した方、これを見て、悔しがって下さい。

近々、ロビー展示の様子やメイキングもアップします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「もっと2あした」前日の写真をアップしました

お待たせいたしました。
写真を順次アップしていきます。

とりあえずは前日の仕込み、作業、展示の風景などを
ごらんください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

「もっと²あした」本番

2009年10月12日。
4ヶ月半前から幾度となく唱え続けてきた日が
とうとうやってきました。

昨日全員で書いた「本番へ向けての意気込み」を
楽屋廊下に貼り出し、気合いを入れて楽屋入りです。

☆ダメ出し
10時半からのゲネの前にダメ出しをします。
場当たりの結果、変更になる部分もありますので、
各自共演者とあわせておいて下さい。

シェルターの場面でどうしても気になる部分は
ロビーで立ち稽古しました。

☆ゲネプロ
本番と同じ条件でのリハーサル、ゲネプロをします。
各自メイク、衣装と小道具の確認をすませ、
舞台に集まります。
声を出す時間がなかったので、舞台で各自発声をして、
10時40分、ゲネ開始。

いつもより速いペースで通しが進み、
3分ほど短く終わりました。

☆転換稽古
場当たりで一度しかしてないためか、
転換で手間取り、間に合わない部分があったので、
転換稽古をします。

出演者で手があいている人が転換に関わるため、
ワゴンのストッパーがうまくはずせなかったり、
段取りを忘れたりして手間取っていた部分を解決
していきます。

ラストの大転換が本番で間に合うでしょうか?

☆開場
1時半の開場前に、会館の玄関まで長い列ができました。
たくさんのお客様にできるだけロビー展示を観て
いただくため、開場前に展示を観られるはからいも。

そのころ、裏ではタッちゃんが走り回って最後のダメ出し、
衣装・小道具チェック、メイク直しと大忙し。

☆喝入れ
13時50分、あと10分で幕が開きます。
お客さんにとっては、セッキー、ゆきち、みさみさがしてくれる
前説からお芝居が始まっています。
一瞬たりとも気が抜けないと覚悟してかかりましょう。

もう一度衣装、小道具、そしてくつのヒモなどの確認をして、
本番であわてることがないようにしましょう。

このおしばいは、タイムワープして、色んな事を乗り越えて、
みんなであしたを創ろうというおしばいです。
それは今まで4ヶ月半かけて創ってきたことと同じことなので、
かならずいいラストシーンになるはずです。
緊張している人もいると思いますが、それをここで一つに
まとめておきましょう。
1つの緊張を37分の1にしてしまえば、どうということは
ありません。

いよいよ開演です。舞台に出る前に、
共演者全員と、目をみて握手しましょう。

☆開演
ひとこと。
全員、本番が一番よかったです。

お客様が呼んで下さって、稽古にはなかったダブルコールの
幕が上がり、一同、大感激でした。

おしばいの内容は、後日アルバムに写真と一緒にアップします。

☆バラシ
仕込み同様、全員でバラします。
子どもたちも、幕をたたんだり、釘をひろって集めたり、
パンチを巻いたりして手伝いました。
楽屋の掃除も子どもたちの仕事です。

全員で協力して、5時すぎには撤収できました。

☆打ち上げ
出演者、スタッフ、保護者総勢70名以上が集まって、
盛大な打ち上げとなりました。

タッちゃんの挨拶、椋さんの乾杯のあとは、
本番が終わってホッとしたと同時に感じた空腹を満たすのに
夢中の子どもたち。
大人は乾いた喉にしみ渡るビールのおいしいこと!

お客様に書いていただいたアンケートもまわしました。

・大入
 みんなががんばったおかげで、この公演は大入りとなったので、
 大入袋を配ります。

 舞台に関わっていただいたスタッフにはつつみんから、
 出演者にはタッちゃんから、ひとこととともに
 大入袋が手渡されます。
 ロビー展示チームからは、販売コーナーで好評で
 即完売となった
 「未来に行けるカモ!?タイムふろしき」や
 「変身できるカモ!?激辛入りグミ」などのプレゼントが。
 みんなのキラキラの笑顔がまぶしかったです。

☆手締め
 最期は「大阪締め」で締めます。
 来年につながるよう、さらに発展することを祈りつつ、
 お開きとなりました。
 みなさん、本当にお疲れ様でした。


 
 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

小屋入り

いよいよ小屋入り、一番長い一日のはじまりです。
9時にホールが開くと同時に怒濤の仕込み開始です。

☆仕込み

出演者も、早く来られるメンバーで仕込みを手伝います。
といっても舞台の上はプロしかできない仕込みをしているので、
「吊りものの仕上げ」や「ケコミの仕上げ」など、
ボンドやマジックでできる作業をロビーや表で手伝います。
楽屋では、衣装のぶんちゃん中心にアンタレスの仕上げの
大作業をしました。

…実は昨日、本番前の貴重な休みを返上して、
「アンタレスプロジェクトチーム」による大作業をしたのですが、
完成できず、今日に持ち越してしまったのです。

苦労の甲斐あり、予想を上回るアンタレスの出来に
「まじでほんまに気持ち悪い」という大賛辞(!?)が!

これを観にくるだけでも、値打ちがあるという出来です。
客席に入ることができる、約500名にしかお見せできないのが
残念です。

☆ロビーでは

お昼休憩をはさみ、13時に全員集合。
ロビーでダメ出しです。
ロビーでは、展示チームによる作業が進んでいました。
これも、1ヶ月も前から計画、作業をしていただいて、
すばらしいものが出来上がりました。

☆舞台監督のしょうちゃんより

今からは、わからないことがあればしょうちゃんに
聞いて下さい。
たっちゃんは袖にはいませんし、つつみんは
自分の役割があるので、他の人の世話はできません。

本舞台稽古の時よりも暗いし、人も物も多いので、
袖では絶対にはしゃがないで下さい。
けがをすると本番が台無しになるので、
それだけは絶対に避けるように気をつけましょう。

☆場当たりまでに

仕込みが終わった舞台で、作文の頭を録音します。
4−1が録音している間に、楽屋ではメイク講習が。
録音のあとに、作業が終わったアンタレスの仕込みを
しました。
はじめて持つアンタレスのパーツの重さに監視官チームは
四苦八苦!

☆場当たり

予定時間から少し遅れて場当たりをしていきます。
あたまから通していきますが、装置の場所を決めて
バミって(印をつけて)いったり、
転換の段取りをしたりするので、時間がかかります。

着替えや出のない大人はほぼ全員、毎回転換に関わることに
なりました。
出番の他の役割ですが、とても大事なので、
今日やったことを忘れないようにして下さい。

途中、夕食休憩もはさみ、長い長い場当たりとなりました。

☆最期に

明日はいよいよ本番です。
今日やったことは、あとは明日のゲネでしかできないので、
各自がしっかり把握して来て下さい。

みんな、気持ちはハイになっていますが、
頭と身体は自分が感じているよりもずっと疲れています。
気持ちが高ぶって眠れないかも知れませんが、
できるだけ早く寝て、明日の本番にそなえて下さい。

☆企画制作責任者つつみんより

このブログの稽古日記も、今日で一旦おしまいです。
今までアクセスしていただいた全ての方々に
心より感謝いたします。
そして、明日はできるだけ多くの方にお運びいただけるよう、
願っています。

いよいよ明日は本番、出演者にとっては、
一生に何度も経験できない特別な一日になるはずです。
「劇に出たい!」と集まった出演者の「やりたい!」が、
スタッフの「やりたい!」でふくらみ、
保護者のみなさんやサポーターさんの「やりたい!」で
回りを固めていただきました。
たった80分の中に、そんな大勢の「やりたい!」が
ぎゅうぎゅうに詰まった作品が仕上がりました。

明日はそれが客席いっぱいにあふれ出すのを
感じていただけることと思います。

残席はわずかとなりましたが、若干当日券も販売いたします。
公演の詳細はこちらをごらん下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

稽古日記10/9

今日ですわらじ劇園で稽古できるのは最期です。

4−1以外のメンバーには、個別のダメ出しをメールで
送っているので、通しまでの間に各チームで
すりあわせをして下さい。

☆抜き稽古〜エンディング
 かぜでお休みしていたまいちゃんが加わって、
 久しぶりに全員がそろいました。
 大切なラストシーンです。
 動きやセリフは少ないですが、ひとつひとつの
 動きやセリフの意味を各自できちんと感じてやりましょう。

☆抜き稽古〜シェルター
 何度も言いますが、前にいるみんなの芝居が
 とても大事な場面なので、段取りで芝居せず、
 何がおこっているのかを感じて下さい。
 今日は効果音が入ったので、いつもよりその場で
 おこっていることがイメージしやすいはずです。
 
☆ダメ出し
 4−1と全体に関わるダメ出しをします。
 今の段階で、一度言われたことでできてないことが
 あるのは問題なので、各自で自覚を持って、
 しっかりやりましょう。

☆通し
 さっきも言いましたが、すわらじでできる最期の
 通しです。
 これで本番、でもいいくらいの気持ちでやりましょう。
 
 はじめて全体の効果音も入りました。

☆録音・集合写真
 4−1の録音は現場でやります。
 今日はオープニングのコンピューターの声を録ります。
 声の主はいしいちゃんです。
 かなり合成してあるので、本人をご存知の方でも
 そうとは気付かないと思うので、
 ブログでバラしておきましょう。

 全員そろっての集合写真も撮りました。
 本番の楽屋口に貼ります。

☆作業
 最期の大仕事、アンタレスの仕上げを明日やります。
 本番前の貴重な休みに申し訳ありませんが、
 お手伝いいただける方は協力して下さい。

★そして
 いよいよ小屋入りです。
 あとは4ヶ月半、全27回の稽古で積み重ねてきたものを、
 3日後の本番で全て出し切るだけです。

 ワークショップの時は、話どころか輪の中に入るのも
 ためらっていた人、
 なかなか大きな声が出せなかった人、
 あまり稽古に来られなかった人、
 けがや病気をしてしまった人、
 プレ公演や合宿に参加できなかった人、
 なかなかセリフが覚えられなかった人、
 共演者にうまく気持ちを伝えられなかった人、
 自分だけできてないと悩んだ人、
 自分だけ共演者の輪に入れないと思った人、
 何回も言われたのになかなかうまくできなかった人、
 稽古に来ることで、家族や職場に迷惑をかけてしまった人…。
 
 みんな、その時はくやしかったりかなしかったり、
 申し訳ないと思ったりしんどかったり、
 色んな思いをしたはずですが、その全てが
 このおしばいの「こやし」になっています。
 ひとりではない、みんなの力があったから
 乗り切って来られたということを全員が心の中に持っていれば、 
 いやな思いをした以上にたくさんあった、
 ドキドキしたりワクワクしたり、
 めっちゃ楽しかったり大声で笑ったり、
 「もっともっと!」と夢中で芝居の話をしたりした、
 キラキラした4ヶ月半を舞台に乗せられるはずです。
 自分を信じて、仲間を信じて、
 最高のものを舞台で出し切れば、
 客席と舞台が一体となる奇跡が起こるはずです。

 あとはひとりでも多くのお客様とそれが共有できますよう、
 願うばかりです。
 みなさんのご来場を心よりお待ちしております。

 本番の詳細はこちらをごらん下さい。

 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

稽古日記10/7

台風が近づく中、遊歩道で足をドロドロにしながら
やっとたどり着いた人も。
山科駅からの引率グループは、急遽車でお迎えに行くことに
なりました。

☆ダメ出し
 昨日の通しのダメ出しをします。
 大人の方には、グループごとにダメ出しの紙を渡したので、
 4−1と、全体に関わることを中心にダメ出しします。

 昨日の通しはおもしろかったのですが、みんながこの芝居に
 慣れすぎてきていて、お客さんに渡そうという部分が
 足りなかったように思います。
 みんなはわかっているお話でも、お客さんははじめて観るので、
 もっと伝えようという気持ちで演じて下さい。

 みんないつも以上に真剣に聞いていて、
 秒読み感が伝わってきました。
 
☆通し 
 今日は、音響、照明、舞台スタッフそろい踏みで、
 本番間近の緊張感の中での通しとなりました。

 それぞれのダメ出しを意識しているのがわかり、
 みんなが「少しでもよくしよう」と思っているのが
 伝わってきました。
 
 今日は苦労して製作した着ぐるみもやっと登場!
 本番まで、何回できるかわかりませんが、動きにも
 慣れていきましょう。

 最期に、みんなでやりづらかった部分を出し合い、
 共有する時間も持てました。

☆最期に
 咳をしている人や、声がかれている人がいますが、
 本番で熱が出て出られない、ということがないよう、
 体調管理にはくれぐれも気をつけましょう。

 本番近くなっても、まだ進化しつづけているこのお芝居を、
 一人でも多くの人に観ていただけるよう、
 声かけもがんばりましょう。

 このブログをご覧になって、「これは見逃せない!」と
 思ったアナタはkodohiro@gmail.comまで。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

稽古日記10/6

今日は5時に稽古場を開けます。
スタッフは音響設備のセッティング、
舞台準備、道具、衣装作業。
参加者もぼちぼち集まりはじめ、自主的に発声や体操を
はじめます。

☆抜き稽古
 約束通り今日は通しをやります。
 その前に、しばらく見ていない公園の場面の
 抜き稽古をします。
1006_017
今までよりも厳しいダメが飛ぶ中、
いつも以上に気合いが
入った稽古になり、
本番が近い事を感じます。

☆通し
 通しの前に、自分の小道具、衣装の点検、
 転換に関わる人はその確認もお願いします。
 1006_027
全体を通すのは初めてです。
演技もですが、出はけの位置や
小道具の場所なども
確認しながらやりましょう。

1006_034
まちがえても、「ごめんなさい」「すいません」は
言わないで下さい。
舞台にいる人でなんとかつなげましょう。

 上演時間約80分で初めての通し稽古が終了。
 時間がギリギリになってしまったので、ダメ出しは
 明日の稽古の最初にやります。

☆最期に
 ロビー展示用のコメントをまだ出してない人は
 明日出して下さい。

 チケットもまだまだです。
 とてもおもしろい芝居に仕上がってきているので、
 ひとりでも多くの人に観ていただけるよう、
 声かけをお願いします。

 インフルエンザが流行しています。
 自分だけは絶対に感染しないよう、
 うがい、手洗い、早めの睡眠で予防を徹底しましょう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

衣装/道具作業その3&その4

10月3日、4日の稽古終了後、作業をしました。

☆3日(すわらじ稽古場)
 今日の稽古がずっとシェルター、ほとんど全員が
 出る場面だったので、昼間にするはずの
 作業が終わってません。
 急遽稽古場を延長して使わせてもらえるようにして、
 昼間するはずだった作業をしました。

☆彩色
 前回、切り出しをして新聞紙を貼ったケコミに、
 スプレーで色をのせて行きます。
 シルバーに光り輝く巨大ケコミは迫力満点!

☆28号
 こちらは色を塗る前に、細かいパーツ作成と
 補強をします。
061
前回、ウレタンの切り出しを
あきらめたヘッドは、ハリボテと
段ボールでタッちゃんが作成!
一番の難所をクリアして、
ぐっとそれらしくなりました。

 足はウレタンを切り出します。
 前回でコツを覚えたまーくんと
 ムクムクメンバーが慣れた手つきで作業していきます。
 慣れた頃に作業が終わってしまうのは、世の常ですね。

 068
ボディの補強は、
夜の作業には参加できない
高校生ペアが
頑張ってくれました!

 ガーゼを貼ったパーツもできたので、
 彩色までいかずにタイムアップ。
 作業が明日終わらないことがここで確定しました。

 明日も朝から稽古なので、パーツを乾かすのに
 広げたままで帰りました。
 
 作業場提供にご協力いただいたすわらじ劇園さん、
 本当にありがとうございました。

☆4日(杖の水ころころハウス)
 今日の作業は大人メンバーで3回目の杖の水に向かいます。
 材は前回までに買い出しが終わっているので、
 腹ごしらえをしたらすぐ作業に取りかかります。

☆28号
049
昼間に彩色が終わり、
すわらじで乾かしている
ボディをのせる背負子を作ります。
材を切って組み立て、
ご本人の試着のもと、背負子になっていきます。

 次の稽古の時は完成型が見られるか!?
 
☆アンタレス

045
これも本人に布を持ってもらい、
実寸を出して行きます。
マント、口、腕(?)とも、布なので、
ぶんちゃんのミシン作業になります。

 布が足りず、発注したので、
 それが届いてから宿題で縫ってきてもらうことに
 なりました。

☆ケコミ
 シェルターの壁は彩色、
 中央台のケコミは真ん中の飾りを作ります。

047
鉄人ボディで「段ボールで丸みを作る」
ことに慣れたメンバーが、
共同作業で切り出し、丸みつけ、
テープ張りと手際よく形にしていきます。

051
出来はごらんのとおり!
色をつけたら、まず段ボールとは
わからないことでしょう。

このあと、ガーゼを貼りました。

☆ドラ・トム
 サブタイトルロール(という言葉はあるのだろうか?)の
 ドラ・トムも形が見えてきました!
 当日、目撃してもらわなければならないので、
 作業内容も写真も紹介できないのが残念です。
 
 これもガーゼを貼ったパーツに、
 稽古の合間に彩色して完成です。
 ぶんちゃん作業もまだ残っています。
 宿題がたくさんで、本当にお疲れ様ですが、
 がんばって下さい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

稽古日記10/4

☆最初に
 今日ははじめに大事な話をします。

 たっちゃんやつつみんはいつも色々言いますが、
 考えている事は一つだけ、「最高の舞台を創りたい」
 ということだけです。
 今のままでも、みんなのご両親やお友達は、
 「すごくよかった」と言ってくれるものになっていますが、
 出演者を誰も知らない人にも、「すごいものを観た」と
 感じてもらえるようなものにしたいです。
 今、とても惜しいところまでいってますが、このままだと
 惜しいままで本番を迎えてしまいます。
 台本をしっかり読んで集中して稽古していれば、
 どこが惜しいかわかるはずです。
 昨日たっちゃんが言った「意識を切りかえる」とは
 そういうことです。
 
 あと1週間で、みんなでもっと²いいおしばいにして
 いきましょう。

☆体操・発声
 みんなで集まって体操、発声をするのは今日で終わりです。
 これからは、各自で体操と発声をする時間を作って
 やって下さい。
 時間がないからと言ってさぼると、けがをしたり
 のどを痛めたりするので、早めに来るように心がけましょう。

☆シェルター
032_2
昨日休んでいた人もいるので、
シェルターをやります。
本当は目の前にいる人たちが
舞台の上では後ろにいるので、
イメージをつかむために反対向きに稽古します。
 しっかりイメージを固めて、後ろを振り向かないように
 しなければ、お客さんには前にいることが伝わりません。
 メインでセリフを言うのは後ろにいる大人たちですが、
 前にいるみんながさぼっていると台無しになるので、
 集中して稽古しましょう。

☆エンディング
 会話の部分は、録音する時までしか稽古できないので、
 みんながそろったら読むようにして下さい。
 
 今日はまいちゃんがお休みなのでイメージが
 しにくかったですが、それまでのお芝居をきちんと
 積み上げてきていれば、みんなの心が真ん中に
 集まる芝居になるはずです。
025
この場面に続くカーテンコールは、
音楽を入れてやってみました。
感動のラストに仕上がっていれば
いいのですが。

☆未来到着
 久しぶりに未来到着を稽古します。
 公開稽古の時にかくれんぼの見せ方を変えましたが、
 それを意識してやって下さい。
 
☆シェルター〜通し
 シェルター以降を通します。
 転換の部分の会話は、たっちゃんが読みますので、
 次の場面の準備をして下さい。
 
☆最期に
 あと3回の稽古は夜の稽古です。
 どの日も7時15分から通しをするので、
 それに向けて各自で準備して下さい。
 それまでの時間は、音が入ってタイミングが変わる部分を
 合わせることがメインになると思います。
 自分の場面が稽古したければ、共演者と連絡をとって
 早く集まって稽古しましょう。
 たっちゃんが稽古してくれると思うのは甘いです。
 今後は大人の段取りでものごとが運んで行くので、
 今までよりも厳しい言葉で言われることもあると思いますが、
 覚悟しておいて下さい。
 
 6日、7日、9日は稽古場を5時に開けます。
 集まれる人は来て準備、稽古をして下さい。


 
 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

稽古日記10/3

☆最初に
 10月に入りました。
 あと10日足らず、今日を入れて5回の稽古で
 本番がやってきます。
 今日台本が上がった場面も含めて、まだまだ
 やらなければならないことがたくさんありますので、
 集中してしっかりやりましょう。

☆体操/発声
 恒例の「セリフをひとこと」、今日はとなりの人が
 言ったセリフを、「自分のほうがうまく言える」という
 つもりでくりかえして下さい。
 毎回やってますが、楽しい時間です。

☆新しい場面
 いよいよラストシーンです。
 舞台は一転して翌日の教室になります。
 大転換の間は録音のセリフでつなぐので、
 4−1チームはいずれ録音があります。

 ざっと読み合わせをしていると、
 涙ぐんでいる事務局Kさんが!
 
 この場面はあとで人がそろってからもう一度やります。

☆シェルター
 さらに細かく稽古していきます。
 大人のむずかしいセリフがたくさんあるので、
 それを細かくやっていると子どもたちの集中が途切れる場面も。
 この場面は、セリフを言ってない人の反応が成立してないと
 やってること全てが台無しになってしまうので、
 何がおこっているのか、どうなったのかを
 しっかりイメージして、それぞれ反応するように
 して下さい。
 くれぐれも他の事を考えてだらだらすることがないように、
 集中して下さい。

 この場面だけで、お昼をはさんでみっちり3時間
 稽古しました。

☆エンディング
 朝読んだところを、いすを並べて稽古します。
 短い場面なので、段取りとしてはすぐ覚えられるはずです。
 今まで創ってきた信頼関係があるので、
 それを真ん中集められれば、いいラストシーンに
 なるはずです。

 それに続くカーテンコールは、また現場で作ります。
 出の位置だけ確認しておいて下さい。

☆最期に
 このメンバーでこの芝居をするのは、一度きりしか
 ありません。
 そこで最高のことができるように、そろそろ
 意識を切り替えて下さい。
 休憩も大事ですが、「何時からどこの場面」という
 指示があれば、その場面の舞台を整える事、
 小道具、衣装の確認をすること、セリフの心配なところを
 共演者とあわせておくことなどを、
 それより前の時間ですませておかなければなりません。

 また、今後は通し稽古がメインになるので、
 今まで創った場面を細かく稽古することは
 しないと思って下さい。
 「タッちゃんが稽古してくれる」ことはないので、
 自分たちで空き時間で稽古して下さい。

 チケットもまだまだです。
 みんなでもうひとふんばり、声かけしましょう。 
 
 
 
  

| コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオ&新聞

☆京都新聞に掲載されました
 10月1日付の京都新聞朝刊に、「もっと²あした」の
 記事が掲載されました。
 本会場稽古の様子の写真もカラーで載っています。
 場面は教室、舞台上から客席方向をねらった、
 めずらしいアングルの写真です。
 京都新聞を購読されている方、チェックしてみて下さい。

 出演者には、後日配布いたします。

☆ラジオで告知が流れます
 FM79.7 ラジオカフェに収録に行ってきました。

 「KYOTO HAPPY NPO!」という番組で、
 放映時間は以下のとおりです。

 慣れないスタジオで緊張して喋ったせいか、
 言いたい事の半分も言えませんでした。
 でも30分枠の番組のほぼ全体を使わせていただいての
 ぜいたくなPRで、曲も2曲流れます。
 何の曲かは聞いてみてのお楽しみ。
 京都市内の限られた地域でしか電波が届きませんが、
 放映エリアの方はぜひ周波数をあわせてみて下さい。

  FM79.7 ラジオカフェ
   「HAPPY KYOTO NPO!」
     10月4日(日)午前10時〜10時30分
        5日(月)午前8時〜8時30分(再)
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

公開稽古(9/30)

今日は公開稽古です。
橘大学のご協力のもと、教室を使用させていただいての
稽古となりました。
Img_4129
いつもと場所が違うせいか、
集まりが遅めでしたが、
6時には見学の学生さんや先生たちが
早々とお見えになり、出演者が少ない中での
開始となりました。

☆小寺先生より
 橘大学の児童教育学科の先生にごあいさつ
 いただきました。
 
 去年の「キラッと夏空!」を見せていただきました。
 とても楽しかったので、今年も期待しています。
 
☆体操・発声
 いつもやっている「顔の柔軟」のおかげか、
 合宿の集合写真「変な顔」がとてもよかったので、
 当日パンフレットに載ることになりました。
 
 恒例の「自分のセリフをひとこと」も、
 見学の方がおられるせいか、みんないつもより
 大きな声で言えました。
 ギャラリーがいるといつも以上の力を出せる集団、
 本番が楽しみです。

☆変身かくれんぼ
 1.大人たちで
   本番で変身かくれんぼをしない出演者で、
   「ジャングルの中」をやってもらいます。
   オニは紗幕ラインより後ろにいることにして、
   それより前の部分で、鳴き声などで主張して下さい。

 2.子どもたちも入って
Img_4119_2
次にいつも舞台でやっている
子どもたちにも入ってもらいます。
即興でからむのもありなので、
面白い見せ方を工夫して下さい。

 3.ギャラリーがオニ
   次に、見ている人がオニになって、何をしているかを
   当てて下さい。
   
 本番の時も、オニより前に来た人は3番目にやった
 ギャラリーがオニの時のように、
 観客に見せるように動いて下さい。

☆教室
 今日は黒板がありませんが、あるつもりで
 やりましょう。
 
 前回の本会場稽古では、とても面白かったので
 ほとんどダメ出しはありませんが、
 もっと面白くするための細かい演出が入りました。

☆紙芝居後〜タイムワープ
 前回やっとそろった黒子の動きを確認します。
 マントが勝手に浮いている、サングラスが
 どっかから飛んできた、という芝居にして下さい。
 黒子はお芝居の中ではみんなから「見えない人」です。
 段取りにならないよう、黒子も注意しましょう。

☆シェルター
 今まで動きを中心に稽古してきた場面を、
 セリフや動きの意味を確認しながら丁寧に読んでいきます。
 前日の仕込みをのぞいて、あと土日が2回、
 夜の稽古が3回しかありません。
 がんばって作っていかなければなりませんので、
 しっかりついてきて下さい。

 大人はもちろん、子どもたちにもむずかしい表現が
 要求される場面です。
 たっちゃんのダメ出しにすぐ反応する子どもたちに、
 見学の先生から「すごいですね」という感想をいただきました。

 最終的には現場で創る部分も多い場面です。
 自分のセリフがない時も、だらだらしないよう、
 全員が集中しなければ芝居が間に合いません。
 今日の読み合わせの指示も含めて、
 セリフを自分の物にして来て下さい。

☆小道具について(ぶんちゃんより)
Img_4109
本会場稽古の時にも言いましたが、
小道具についての注意をします。
小道具は本番では舞台袖の台の上、
稽古場ではレジャーシートに並べます。
 そこには、小道具以外の物を置かないように
 して下さい。
 台本やお茶などの置き場は、必要であれば別に作るので、
 台の上には置かないで下さい。
 
 自分が使う道具以外は絶対にさわらないこと、
 使った小道具は最初にあった場所にもどすことも
 各自気をつけて下さい。

☆最期に
 教室をもとに戻して、すぐ出なければなりません。
 みなさん、ご協力お願いします。

 見学に来られた方には、前日のリハーサルを
 見ていただける券をお渡しします。
 チケットも販売しておりますので、お帰りに
 お求め下さい。

 ご協力いただいた先生方、学生さんたち、
 本当にありがとうございました。
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »