« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

稽古日記6/27

今日のワークショップはぶんちゃん(今日はじめて
来たスタッフです)が担当してくれました。

☆からだをほぐす
  今日は暑いですが、だからといってストレッチを
 さぼるとけがをするので、しっかりやりましょう。
 のばすとき、息をはくのがコツです。

☆自己紹介ゲーム
  今日は全員のニックネームを覚えるつもりでやります。

 【自己紹介ラウンド】
   全員で輪になり、ひとりずつ全員に自己紹介して
   まわりましょう。
    前に立ち、しっかり目をみながら
     A「○○です(自分のニックネーム)」
     B「××です」
     A「××ですね?」
     B「○○ですね?」
     AB「よろしくお願いします」(握手)
   相手の名札を見ず、顔を見てするようにしましょう。
   全員に回ったら終わりです。

 【グループで】
   これから言う条件でグループに分かれて、
   そのグループ全員のニックネームを覚えましょう。
   全員覚えられたらすわってください。

    例)3人組
      5人組
      生まれ月
      血液型…など

   次に、さっき集まったのと同じグループになりますが、
   声を出さずに集まってみましょう。

☆ドラえもんビンゴ

 4つのグループにわかれて、ビンゴをします。
 
 まずは、思いつくドラえもんの道具を
 どんどん言って下さい。
St320049
  どこでもドア、タケコブター、
暗記パン、スモールライト、
  ビッグライト、もしもボックス、
  おざしきつりぼり、とおりぬけフープ、
  グルメテーブルかけ、タイムふろしき、タイムマシン、
  ほんやくこんにゃく、こべあべ、声カタマリン… など 

 そのうちの9つを選んで、3×3のビンゴの表に書きましょう。

 各グループの代表者がじゃんけんをして、
 埋めたい場所に書いてある道具を言って下さい。

 じゃんけんになかなか勝てないチームや、
 他のチームから出た道具でビンゴするチーム、
 まんなかが入って一気に3つそろうチームなど、
 色々ありました。
 
☆線路はつづくよ

 おなじみの童謡「線路はつづくよどこまでも」を
 歌いながら、全員でできる手あそびをしましょう。
 
 全員でとなりの人の足がさわれるくらいかたまって
 座って輪になります。
 歌いながら、ぶんちゃんの指示にしたがって
 手を動かしましょう。
 St320048
 最初は簡単でしたが、
 だんだんむずかしくなっていきます。
 最後は、途中で「ポッポー!」の
 かけごえが入り、スピードも速くなり、
 ついていけない人も。
 でも、「ポッポー!」の声だけはとっても元気でした。

☆即興

 さっきのビンゴのグループで短い劇を作りましょう。

 条件は、
  ・ドラえもんの道具を何か使う
  ・どこかに行く
  ・だれかに会う
  ・何かをする
  ・帰ってくる
 
 考える時間は30分です。
 お話のすじが決まったら、動いてみましょう。

【デコボココンビ/宇宙で紙ひこうき】
  道具…どこでもドア、ビッグライト
  行く場所…宇宙
  会うのは…宇宙人
  やること…紙ひこうきをとばす
  結局…ビッグライトの持続時間が切れて、
     地球におちてきてしまう

【ホニャラーズ/ドラえもん物語】
  道具…タイムマシン、どこでもドア、ほんやくこんにゃく
  行く場所…22世紀
  会うのは…ドラえもんとセワシくん、落ちて来た宇宙人
  やること…のび太くんのためにドラえもんをつれてくる
       セワシくんが宇宙船を修理する
  結局…ドラえもんがのび太くんと再開、めでたし!

【ハッピーガールズ/イーティー、イーティー、ハーニア!】
  道具…タイムマシン、スモールライト、ビッグライト
  行く場所…2580年
  会うのは…世界征服をねらう悪の親玉
  やること…さらわれた友達を助けるためにたたかい、勝つ
  結局…親玉をたおし、友達をとりもどす

【I Love EXILE/ジャングルと沖田総司】
  道具…四次元ポケット、タイムマシン、
     ほんやくこんにゃく、どこでもドア
  行く場所…幕末
  会うのは…うさぎ、犬、ゾンビ、沖田総司
  やること…うさぎと犬を助けるために沖田総司が
       ゾンビとたたかう!
       よくきいてみるとゾンビも悪いやつじゃなかった
  結局…全員で現代に帰ってきてしまい、ゾンビは
     「どうやって生きたらいいの?」
Nh21627032_2

みじかい時間で考えたのに、
どこのチームも
ちゃんと条件をみたす
即興を考えられました。

相談の時にはちゃんとできていても、
発表になるとはずかしくてちゃんとできなかったり、
声が小さくなってしまう人が多かったので、
発表する時は、いつも大勢の人の前でするつもりで
しっかり、大きな声でできるようになりましょう。

☆最後に

【宿題】
  みなさんにチラシに載せる絵を描いてもらいます。
  テーマは「未来」です。
  未来の家、のりもの、服装、大人になった自分
  など、なんでもOKです。
  「こうなってたらいいな」と思う絵を描いてきて下さい。
  描きたくない人は描かなくてもいいし、
  何枚も描いてもかまいません。
  (全部採用になるとは限りません)
  次の稽古の時に提出して下さい。

【衣装/小道具係より】
  次の稽古の時から、うわぐつときがえを持って来て
  着替えて、うわぐつをはいて稽古しましょう。
  わざわざ買わなくても、家にあるものでかまいません。
  稽古にいどむために気持ちを切り替える意味でも、
  着替えは大切です。

  脱いだ服とくつを入れるために、
  スーパーのふくろ(2枚、大・小)にニックネームを
  書いて持って来て下さい。
  
  今後、衣装が決まった時のためにも、
  自分の服の管理を徹底するくせをつけましょう。

【事務局より】
  次回の稽古は、橘大学での公開ワークショップです。
  いつもと稽古場が変わりますので、注意して下さい。

   

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

稽古日記6/14

☆ストレッチ

 ストレッチで大事なことは、からだのどこが
 のびているかを
 意識しながらすることです。
 けがをしないように、しっかりやりましょう。
 今はみんなでしていますが、いずれ稽古が始まる
 前に一人でできるようになりましょう。

☆二人組で…

 次は2人組になってストレッチしましょう。
 バランスをとったり、相手がいたくないように
 力を加減すること、無駄な力を入れないことが
 大切です。

☆歩こう!
 
 稽古場の中を自由に歩きましょう。
 前だけを見るのではなく、まわりの人の動きにも
 気をつけて、人とぶつからないようにしましょう。
 「人の気配に気を配る」ことは、おしばいには
 大切なことです。

 次に、たっちゃんが言う音のように歩きましょう。

  ・ドンドン
  ・トトトトトト
  ・ぴょーんぴょーん
  ・どすんどすん
  ・べちゃっ …など

☆楽器と指揮者

 みんなは楽器になり、なにか短い音を出しましょう。
  どん、ピー、がしゃん、ぴちょん…
 指揮者役の人に指されたらその音を出します。
 楽器役を最初は3人、次は5人…と増やしていきます。
 指揮者役の人は、楽器役の人が指されたことがわかる
 ように、しっかりと目を見て指しましょう。
 楽器役の人は、指されたらすぐに反応できるよう、
 指揮者の動きに集中しましょう。

 相手にきちんと伝えること、
 伝えたいことをきちんと受け取ることは
 おしばいを創る上で大事なことです。

☆お人形さんごっこ

 2人組(さっきとは違う人と)になり、
 一人はお人形さんになります。
 お人形さん役の人は、力を抜いて、相手が動かすままに
 体を動かして下さい。
 動かす役の人は、からだのどの部分にどんな形を
 つけたいか、わかるように
 しっかりと動かして下さい。
St320044_2
 次に、3つのグループに分かれ、
 グループ全員がお人形さんになります。
 動かすグループの人は全員にポーズを 
 つけましょう。

 このワークのねらいは、
 相手を信頼して力を抜くこと、
 どんな形を作りたいかをしっかり伝えることを
 体験することです。

☆1、2、3、ポーズ!

 輪になり、一人が真ん中でかけ声に合わせて
 なにかポーズをします。
 それを全員でまねしましょう。
N0614050_2
 次は、真ん中の人と違うポーズを
 しましょう。
 同じようなポーズをしてしまった人はアウト。
 座って下さい。
 最後まで残った人は次のオニになって下さい。

☆ダルマさんが○○

 「ダルマさんがころんだ」の「ころんだ」の
 ところを違うものに変えて言うので、
 それになって下さい。

  ・カエル
  ・イヌ
  ・サル
  ・ヘビ
  ・せんぷうき
  ・テレビ
  ・掃除機 …など

 ひごろの観察力と、とっさの判断が勝負です。
 はずかしがらずになりきることも大事です。
 …というか、楽しみましょう。

☆自己紹介ならぬ「他己紹介」

 2人組になり、ペアの人をみんなに
 紹介して下さい。
 必ず聞くことは、
  ・名前とニックネーム
  ・すきなもの(こと、人)
  ・きらいなもの(こと)
  ・もしタイムマシンが使えたらどの時代に
   行きたいか
 その他、紹介したいことを聞いて下さい。
 
 参加者と助っ人スタッフ、14組28名の
 「他己紹介」ができました。


 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

団体鑑賞「はこ/BOXES」

こどもの創作劇、2回目の集まりは、
デフパペットシアターひとみ座の「はこ/BOXES」を
みんなで鑑賞しました。

Box08152

箱、はこ、ハコ、hako!
とにかく「はこ」がいっぱい出てきます。
たたくと音がする箱、何か入っている箱、
動く箱、座ったり乗ったりする箱…
いつのまにか、「ただの箱」は
ひとつもなくなっていて、全部が何かに見えてきます。
セリフはひとこともなく(途中でテレビに出てる人が
ちょっと喋りましたね)、
動きと効果音と音楽だけなのに、げらげら笑ったり、
しんみりしたり、舞台にくぎづけの1時間半でした。

これからみんなで劇を創っていく前に、
いい作品を鑑賞できました。
さあ、次は何もないところから
全員でひとつのおしばいを創っていきます。
何もないから何でもできる、どんなものができるか、
お楽しみに。

参加者のみなさんは宿題(今日の感想文)を
次回の稽古にお忘れなく!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »